モンスト、パズドラ、白猫、FGO、FFRKなど日本でトップセールスを誇る人気アプリの攻略まとめ

戦国炎舞|闇の独り舞・鶴之舞は後衛必須スキル - 後衛スキル攻略図鑑|サムザファン

LINEで送る
Pocket

http://xn--15qw9kb8ddri25d58v54hmq0a.com/%E5%BE%8C%E8%A1%9B%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E6%94%BB%E7%95%A5%E5%9B%B3%E9%91%91/%E9%97%87%E3%81%AE%E7%8B%AC%E3%82%8A%E8%88%9E_%E9%B6%B4%E4%B9%8B%E8%88%9E.html

1.闇の独り舞・鶴之舞はもはや後衛必須スキルに闇の独り舞 と 鶴之舞 は戦国炎舞の後衛スキルになります。前衛のステータスを上げることがメインのスキルではありませんが、退却している前衛メンバー全員のHPを回復する事が後衛側からできるスキルになりますので、合戦の終盤(ラスト2分~)などで非常に役に立ちます。闇の独り舞・鶴之舞 それぞれ、このスキルを所持しているカードが非常に少ないですので、そもそも入手することが困難ではありますが、手に入れられたら即継承したいスキルでもありますので、今後、合戦を有利に進めたいと考えているならば覚えておく必要があります。2.闇の独り舞・鶴之舞を攻略しよう!なぜ、闇の独り舞・鶴之舞が必須スキルと言われるのか解説します。そもそも、前衛退却者のHPを回復させる(起こす)スキルは、以前は前衛スキルでしかありませんでした。それは例えば、一心発起や以心伝心になります。しかし、闇の独り舞や鶴之舞が出たことにより、後衛からでも前衛のHPを回復させる事ができる様になった為、基本的には、ラスト3分程度の合戦の勝敗を決める重要な局面で前衛の消費APを節約する為に、後衛側から前衛のHPを回復させた方が1発でも多く前衛は攻撃ができるという考えのもと必須スキルとなってきました。後衛側で退却者を含む前衛のHPを回復できるメリットは下記の通りです。前衛のマウント率を上げられる闇の独り舞・鶴之舞に限らず、一心発起や以心伝心を使う事で、いわゆる前衛メンバーがすべて生存している状態を作り出す事ができます。こうする事によって、マウントを取る時間が増えます。例えば、後衛はMAX15人になりますが、各後衛メンバーが1個の闇の独り舞 or 鶴之舞 を所持していた場合は、15回のHP回復ができる計算になります。このケースだと、1:30 , 1:20 , 1:10 , 1:00 , 0:50 , 0:40 , 0:30 , 0:20 , 0:10 , 0:00 , 延長… この様に残り1分30秒から10秒おきに前衛全員の生存状態を作る事ができます(これは例です。)。想像してもらえれば分かる通り、かなりの確率でマウントを取れる様になる訳です。上記はかなり極端な例ではありましたが、後衛5人程度が所持していれば、残り1分を10秒おきに設定する事が可能になりますので、かなり有利な状況が作れます。全体上げを合わせられる多くの戦国炎舞ユーザーに使われているのが、この全体上げを合わせるという手法でしょう。掲示板などで事前に時間指定をして、天下布武や毘沙門天などの強力な全体上げスキルを合わせるやり方です。例えば、「0100 , 0030 闇」こんな風に戦国炎舞内の掲示板やSNSなどで事前に予告します。「これは、合戦残り時間1分と30秒の時に”闇の独り舞”を使用します」という意味になるのですが、この様に、時間指定をしておけば、前衛全員が起きるタイミングがおおよそ分かりますので(タイムラグでズレる時があります)、全体上げスキルを前衛に当てやすくなるという訳です。奇襲作戦や劣勢時に有効な攻略法と言えるでしょう。更に高度な技としては、自分で闇の独り舞や鶴之舞を使用して、すかさず天下布武などの全体上げスキルを使い、前衛のステータスを上げるという方法があります。150勇以上の接戦時には、かなりアクティブにコマンドが実行されているので、この方法は成功率が低いですが、例えば、奇襲や寝ている状態からの場合では、そこそこ成功する確率は高くなります。また、携帯端末(スマホ)のスペックや通信環境にも左右されますので、自宅のwifiで且つ最新のiphoneの組合せが最強かと思います。前衛の消費APを削減できる前衛全員を起き上がらせる方法としては、一心発起や以心伝心がメジャーですが、一心発起ではAP30、以心伝心ではAP20を消費するなど、意外と前衛のAPを圧迫する原因となります。合戦残り時間1分ともなれば強スキルの打ち合いになり、消費APの減りも早く回復クエストに行く可能性が高くなりますので、ここは後衛からの「闇の独り舞」や「鶴之舞」を積極的に使用して前衛のAP消費を出来るだけ減らし、回復クエストに行く頻度を減らしてあげる事が合戦で勝利するポイントともなります。この戦略を取り入れる連合は増えてきていますので、もし取り入れていない場合は、ぜひ導入の検討をしてみてください。周りがやっているという事は、やらないと不利という事です。この前衛の消費APを削減するという観点では、前衛スキル「優美な音色」の活用もメジャー化してきています。例えば、後衛からの闇の独り舞・鶴之舞に前衛が「優美な音色」を合わせて、前衛全員のAPを回復させるというものです。優美な音色そのものが消費APが大きいので、できるだけ沢山の前衛メンバーに当てる事がポイントです。そういう意味では、例えば、前衛メンバーが自分で一心発起や以心伝心を使用して、すかさず優美な音色を打つという方法もあります。他人が使ったスキルの発動に合わせるのは高度な技ですので、堅実にいく場合は「前衛側での一心発起➡音色」という流れが鉄板になっています。3.闇の独り舞・鶴之舞 持ちのカード闇の独り舞や鶴之舞は、通常ガチャから出現可能なこれらのスキルを所持しているカードが少ないので、非常にレアリティの高いスキルと言えます。双方のスキル共に、点数ガチャ(課金が必要)によるカードがほとんどですので、点数ガチャを実施している時に対象カードを見て、欲しいカードがあったら1枚だけ取って継承させるのも手です。もちろん、通常のガチャからも闇の独り舞や鶴之舞を所持しているカードを引くことができますので、以下に掲載しておきます。※尚、課金ガチャによるカードは掲載しません。闇の独り舞[天真賢姫]まつ 18P SSR鶴之舞[巧燕崩衝]蒲生氏郷 19P SSR4.闇の独り舞・鶴之舞のおすすめ度★★★★★(評価:5)非常にオススメです。後衛専門メンバーは対象のカードを取得したら、迷わずデッキイン or 継承をしましょう。5.闇の独り舞・鶴之舞のスキル詳細





LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームプレイ動画へ